費用がリーズナブルな二重整形を受けて自信を取り戻す

金額の準備をする為にも

眼

目元が腫れぼったいというコンプレックスを抱いている人はきっと多くいるはずです。しかし、そのようなコンプレックスをスピーディーに解決する方法があります。それが「二重整形施術」です。二重整形施術はいくつか種類があり、現在主流になっているのが埋没法、メスを通して二重にする部分切開法・全切開法、目の開きを良くすることが出来る眼瞼下垂法が挙げられますが、どの施術を受けるにしても気になるのは費用でしょう。前もってお金の準備をしておけば、スムーズに施術を受けることが出来るはずです。この機会に費用情報をリサーチしておきましょう。

始めに埋没法についてです。埋没法とはまぶたに医療用の糸を埋め込んで二重ラインを作る整形方法です。比較的に短時間・簡単にできるため、現在の日本で主流になっている二重整形施術だと言われていますよ。その中でも1番人気があるのは「2点留め」になるので、今回は2点留めを基準にして費用を紹介します。まず、埋没法の最安値が5万円、最高値が13万円前後で、平均した費用が8万円です。平均した費用よりもはるかに安い場合、アフターフォローが含まれていないかもしれませんし、平均よりも高すぎると、どうしてその値段なのか、何にお金が掛かっているのか調べておく必要があります。その次に、部分切開法・全切開法について紹介します。部分切開法は、まぶたの皮膚を1㎝ほど切開して二重ラインを作る方法で、平均費用は25万円です。全切開法だと平均費用は28万円前後で部分切開法と大差はありません。なので、自分のまぶたの特徴を調べて、どれが向いているか見極めましょう。そして最後に眼瞼下垂法です。多くの美容外科クリニックでは全切開法と同時進行で行なわれることが非常に多いと言われています。最安値だと35万円、最高値だと70万円で、平均が50万円前後です。どの施術も決して安いとは言えないので安易に受けず、しっかりと下調べをしておくといいでしょう。

ところで、多くの人が「何故費用に開きがあるのか」と疑問に思っているはずです。まず、費用に開きがある理由として挙げられるのが、オプション費用が別なので安く見えるということです。例えば、施術費用に麻酔代が含まれていたり、いなかったりします。仮に、麻酔が含まれていない埋没法が8万円だとして、麻酔を含めると合計で10万円を超えるでしょう。また、安い費用に惹かれて訪れた来院者に、違う施術方法の方が「二重の持ちが良い」「ナチュラルに仕上がる」「質の高い糸を使う」などを理由にして高い施術を進めてくるクリニックもあるようです。なので、あまりにも安すぎる料金表示には、そのような事もあると思ってカウンセリングを受けるといいかもしれません。

To Top