費用がリーズナブルな二重整形を受けて自信を取り戻す

腫れぼったいまぶたと決別

鏡を見る人

腫れぼったいまぶたのままだと暗く、重たい印象に見られてしまうはずです。このような時こそ費用が比較的リーズナブルだと言われている二重整形施術を受けてみるといいですよ。二重整形施術には大きく分けて2種類あります。それでは、どのような特徴があるのか紹介していくのでチェックしましょう。

最初に紹介するのは「埋没法」です。埋没法は、メスを通さずに医療用の針と髪の毛よりも細く頑丈な糸を使って二重を作る施術のことを言います。まぶたの内側に専用の糸を留めるだけで自然な二重まぶたを作ることが出来るので初めての整形施術でも安心して受けることが出来るでしょう。また、埋没法の利点としてダウンタイムが非常に短いという所が挙げられます。腫れは2、3日ほどあればかなり引きますし、施術後にすぐメイクを施すこともできるでしょう。さらに、理想に描いている二重まぶたになれなかった場合、抜糸をして修正することも可能だと言われています。つまり、望み通りのまぶたが手に入るまで何度もやり直しがきくということです。手軽にコンプレックスを改善させることが出来るので、多くの人々から支持されていますよ。このように、たくさんの良さが実感できる埋没法ですが施術を受けるにあたって注意点もいくつかあるということを頭に入れておきましょう。まず、二重を作るために糸で固定するので、何か強い衝撃を与えてしまうと糸の結び目がほどけてしまう可能性があります。結び目がほどけてしまうと、元の腫れぼったいまぶたに戻ってしまうでしょう。また、自分のまぶたに埋没法が適していない場合、二重ラインが薄くなってしまうようです。それではせっかく費用を出して整形したのに無駄になってしまうかもしれません。しかし、そのようなトラブルが起こらないように2点留めや3点留めをする方法がありますよ。専門医と相談をして、どのような施術プランにするかしっかりと決めましょう。

次に「切開法」について紹介していきます。まぶたにメスを入れて、しっかりとした二重ラインを作りますが、整形施術を受けるにあたって「メスを通すのが怖い」という方も非常に多いでしょう。実は、切開法は自分が想像している綺麗な二重まぶたになれる上に、半永久的に効果が持続すると言われています。また強い衝撃を受けたとしても元に戻ってしまうという心配がないのも魅力的でしょう。切開法にも良さがたくさんありますが、一体どういったまぶたの人が適しているのでしょうか。切開法に適してるまぶたは、厚みがかなりあって皮膚を折りたたむ力が弱い人が挙げられます。切開法は、余分な皮膚や脂肪、筋肉を除去してまぶたを薄くし、二重をキープできるように縫合を行なってまぶたを折りたたむ力をアップさせるのです。皮膚の厚みが薄くなれば二重まぶたを作りやすい状態になれるので、とても綺麗なラインの二重になれます。ただ、埋没法に比べるとダウンタイムが非常に長いです。落ち着くまでに6か月、長くて1年ほどかかる人もいます。切開法の腫れのピークは1週間ほどなので、長期の仕事や学校休みを利用しましょう。次に気になるのは費用ですが、埋没法に比べると少し高めになります。埋没法は1~5万円ほどあれば施術が受けられますが、埋没法は50~70万円ほどの費用が掛かるようです。自分に適した方法が知りたいならクリニックへ足を運んでカウンセリングを受けてみましょう。

To Top